大学院について

帝京平成大学大学院・薬学研究科の特色

新しい社会と医療の動きに即応する、専門教育と研究

帝京平成大学大学院・薬学研究科には、「医療実践」、「創薬・橋渡し」、「医薬評価・規制」の3研究分野が設けられています。いずれの分野も、6年制薬学教育で学んだ知識・技能・態度をもとに、薬学の専門性を高め、わが国の医療に貢献する人材の養成を目指しています。本研究科の教育・研究には、次のような特色があります。

(1)リサーチ・ワークとコース・ワークによって体系的な専門性を育成

4年制の博士課程では、これまでの博士課程と異なり、科目の履修にも重点が置かれています。研究テーマに関連する科目履修(コース・ワーク)を組み合せ、研究活動だけでは得られない、広く深く体系化された知識や実践力を身に付けることができます。

(2)「在宅・地域医療のスペシャリスト」としての専門性を育成

「医療実践研究分野」では、「在宅・地域医療のスペシャリスト」の育成を、大きな目標の一つとして掲げていますが、そのようなチーム医療では、薬物治療に関する高い専門性が必要になります。本研究科では、フィジカル・アセスメントなどによる科学的エビデンスに基いて薬物治療を行う力や、医療スタッフとコミュニケートできる力を養成します。

(3)広い社会的視野を備えた薬学研究者を育成

優れた医薬品を開発し、それを社会へ迅速に提供することは大切な医療への貢献です。「創薬・橋渡し研究分野」では、新しい創薬コンセプトによって優れた医薬品の開発を目指すと共に、「医薬評価・規制研究分野」のコース・ワークを組み合わせ、医療の現場や医薬品開発マネージメントなど、他分野でも研究できる、広い視野と力を具えたpharmacist-scientistを養成します。

(4)薬学と社会の関わりについて見識を具えた人材を育成

医薬品はヒトの健康の維持・改善に密接に関係していることから、薬学には重い社会的な責任があります。「医薬評価・規制研究分野」では、主に「医薬品開発と規制の調和」、「医療と経済の調和」に関する研究を通して、これからの社会における医・薬のあり方について見識を具えた指導者を養成します。

都心に位置する教育・研究拠点としての役割

帝京平成大学大学院・薬学研究科は、都心に位置する立地を生かし、本学の薬学部や他学部とも共同して、医療専門職や、地域住民の卒後教育や生涯学習を開催し、地域社会へ貢献します。

(1)次世代の在宅・地域医療における人材育成

次世代の医療提供体制で必要な人材を育成するため、本研究科では現役の薬剤師を積極的に受け入れます。そのような薬剤師は、新しい医療提供体制を作り牽引する指導者としても、また医療現場における教育者としても、中心的な役割を果たすことができます。

(2)医療専門職に対する卒後教育

本大学院では薬剤師や看護師などを対象に、医療、薬物治療などに関する最新の講座や、フィジカルアセスメントの実地研修会を、地域の薬剤師会と協力して開催します。

(3)市民に対する生涯学習

健康を維持・改善し、健康寿命を伸ばすためには、正しい健康知識の普及が大切です。
時機を得た、健康、医薬、医療ケアに関する講演会や公開講座を開催します。

大学院の情報については、大学本サイトからも確認いただけます。

※大学サイトへリンクします。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ