ユニット紹介

薬学教育研究センター
薬学基礎教育(化学系)ユニット

ユニットの目標

薬剤師国家試験に充分合格できる学力を養えるように考慮しつつ、大学教育に恥じないレベルの化学教育を実施します。医療従事者の中で有機化学の専門性を持つのは薬剤師だけであることを意識して化学系科目のカリキュラム改善を通じてより良い薬学教育を目指します。

研究テーマ

1)6年制薬学部生に対する理解度の高い「有機化学の教育」についての研究

2)有機化学的視点からの「医薬品の理解」、「臨床現場での考察」に関する研究

将来、薬剤師として「化学」を基礎とした考察が出来る人材をより多く育成するため、具体的な事例の収集しています。さらに学部生有志に対するセミナーの実施を通じた学生の興味に関する調査研究を行っています。

3)含窒素複素芳香環化合物の合成研究

種々の生理活性が期待できる新規なインドール誘導体の合成研究。

4)アミロイドβ凝集繊維化阻害活性を持つ複素環多価フェノール誘導体の合成研究

アミロイドβを認識する小分子に水溶性部分を結合させた化合物がアミロイドの凝集・繊維化阻害活性をもつという我々のコンセプトに基づき、新規物質の合成による、より強い活性化合物の探索。

発表論文

  • Hamashima, T.; Mori, Y.; Sawada, K.; Kasahara, Y.; Murayama, D.; Kamei, Y.; Okuno, H.; Yokoyama, Y.; Suzuki, H.“A Practical Regioselective Synthesis of Alkylthio- or Arylthioindoles without the Use of Smelly Compounds Such as Thiols.” Chem. Pharm. Bull. 2013, 61(3), 292–303
  • Suzuki, H.; Ishigami, A.; Orimoto, A.; Matsuyama, A.; Handa, S.; Maruyama, N.; Yokoyama, Y.; Okuno, H.; Nakakoshi, M. “Development of a New Distyrylbenzene-Derivative Amyloid--aggregation and Fibril Formation Inhibitor.” Chem. Pharm. Bull. 2012, 60(9), 1164–1170.
  • Hikawa, H.; Suzuki, H.; Azumaya, I., “Au(III) /TPPMS- Catalyzed Benzylation of Indoles with Benzylic Alcohols in Water.” J. Org. Chem., 2013, 78(23), 12128-12135.
  • Hikawa, H.; Suzuki, H.; Yokoyama, Y.; Azumaya, I., “Chemoselective Benzylation of Unprotected Anthranilic Acids with Benzhydryl Alcohols by Water- Soluble Au(III) /TPPMS in Water.” J. Org. Chem., 2013, 78(13), 6714-6720.
  • Tanaka, M.; Li, Xin; Hikawa, H; Suzuki, T.; Tsutsumi, K.; Sato, M.; Takikawa, O.; Suzuki, H.; Yokoyama, Y., “Synthesis and biological evaluation of novel tryptoline derivatives as indoleamine 2, 3-dioxygenase (IDO) inhibitors.” Bioorg. Med. Chem., 2013, 21(5), 1159-1165.

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ