ユニット紹介

社会薬学教育研究センター
薬事・情報学ユニット

ユニットの目標

本研究ユニットでは、大きく分けて二つの研究分野において、それぞれ次のような目的で研究を行っています。

レギュラトリー・サイエンス分野の研究

学の立場から、医薬品が、より有効に、かつ、より安全に使用されることを目指して、レギュラトリー・サイエンスの分野で研究を行っています。

司法薬学分野の研究

司法薬学は医療関連の裁判の訴訟を通して得られた教訓を医療者、特に薬剤師業務にフィードバックすることにより、「実学としての薬学」の更なる向上を図るための提案することを目的に研究しています。

研究テーマ

  • 医薬品リスク管理計画(RMP)に関する研究
  • 裁判事例に基づく薬剤師業務の社会薬学的考察

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ