ユニット紹介

社会薬学教育研究センター
薬事・情報学ユニット

ユニットの目標

本研究ユニットでは、大きく分けて二つの研究分野において、それぞれ次のような目的で研究を行っています。

1)レギュラトリー・サイエンス分野の研究

学の立場から、医薬品が、より有効に、かつ、より安全に使用されることを目指して、レギュラトリー・サイエンスの分野で研究を行っています。

2)司法薬学分野の研究

司法薬学は医療関連の裁判の訴訟を通して得られた教訓を医療者、特に薬剤師業務にフィードバックすることにより、「実学としての薬学」の更なる向上を図るための提案することを目的に研究しています。

研究テーマ

1)製薬企業のコンプライアンスの在り方に関する研究

昨今みられる製薬企業等による不祥事は、コンプライアンス(法令遵守)違反によるものが大部分です。不祥事をなくしていくにはコンプライアンスを定着させていく必要があります。その中で、製薬企業によるプロモーション活動におけるコンプライアンスのあり方に特に焦点を当てています。

2)裁判事例に基づく薬剤師業務の社会薬学的考察

裁判の判決はその時の社会の状況を反映したものとされることが多いと言われています。この研究では、医療事故に関わる裁判事例において、その判決が求めるものを薬剤師業務に当てはめ、司法が求める薬剤師の有り方を考えています。

発表論文

  • Rie Nakajima, Fumika Oki, Makoto Shiragami “Evaluation of a newly developed post marketing surveillance method to verify the efficacy and safety of Rx-to-OTC switch drugs”
    Japanese Journal of Drug Informatics 19(3), in press (2019)
  • Shiragami M. Mizukami A. Leeuwenkamp O. Mrkvan T. Delgleize E. Kurono Y. Iwata S. “Cost-Effectiveness Evaluation of the 10-Valent Pneumococcal Non-typeable Haemophilus influenzae Protein D Conjugate Vaccine and 13-Valent Pneumococcal Vaccine in Japanese Children”
    Infect Dis Ther 4(1),(2014)
  • 小室雅人、折井啓一郎、小野寺祐加、白神誠 「製薬企業の作成するプロモーション資材における問題点」
    医薬品情報学 15(3) 111-117 (2013)

お知らせ

2018/01
1月27日(土)、本学にて「レギュラトリーサイエンス分野担当教員会議」が白神 誠 教授を委員長として開催されます。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ