卒業研究

主な卒業研究題目 –社会系-

医薬品の医療技術評価のための医薬経済及び薬剤疫学研究

卒業研究の様子

医薬品や検査に関する医薬経済評価と疾患に対する生活の質の調査を実施

荒川 一郎 教授

疾病の治療や予防に関わる医療技術を科学的に検証(HealthTechnology Assessment)するため、コンピューターを使用した統計学的な推計やアンケートを用いて患者の健康関連生活の質(HRQOL)の調査を卒研生とともに行っています。この研究を通じて、医学・薬学の知識習得だけでなく、公衆衛生学、経済学の知識習得を目指し、医療現場で幅広い視野を持った学生の育成に努めています。

  • 胆道がん治療におけるゲムシタビンとシスプラチンの併用療法の経済評価
  • ヒト免疫不全ウイルス治療におけるCCR指向性検査の経済評価
  • 乳がん治療の経済的疾病負担研究
  • 子宮内膜症治療の医療経済研究
  • 製薬企業のMR活動と医薬品情報の提供のあり方に関する研究

医療と医薬品安全性の統計学的研究

卒業研究の様子

濃沼 政美 教授

臨床検査値、診療録データ、薬剤師の服薬指導のデータなど様々な医療現場でのデータを統計学的観点から分析し、医薬品の安全性や薬剤師職能を科学的に評価して、医療の質を向上させることを目指しています。

その他の卒業研究テーマ

  • 神経難病患者の主観的な医療評価のインタビュー研究
  • 医薬品等の有効性・安全性評価とリスクコミュニケーションの研究
  • 漢方医学と代替療法(薬膳、園芸療法)の基礎的研究
  • 医薬品適正使用のための医療事故の要因解析と対応策の検討
  • クリティカルインディケーターに対する病院薬剤師業務における効果の検証
  • 医薬品の環境影響評価ガイドラインに関する研究

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ