ユニット紹介

細胞機能教育研究部門
分子細胞制御研究ユニット

ユニットの目標

細胞分裂の乱れは個体発生の異常やがん化など重篤な影響を及ぼします。細胞分裂に先立ち染色体DNAが複製されることはよく知られていますが、様々な細胞構造(細胞小器官)も細胞周期に依存して複製、分離、再構築などが起こることで正常な細胞機能が維持されています。私達はこのような細胞構造の変動を司る機構の研究を通して、その異常による疾病の発症過程の解明に寄与すること、そして治療への応用を目指しています。

研究テーマイメージ

研究テーマ

1)中心体複製制御機構の研究

中心体は分裂期に双極紡錘体を形成し、染色体の均等分配に重要な役割を担います。そのために中心体は細胞周期につき1回だけ複製され、それが乱れると発がんに深く関わる染色体不安定性を引き起こす原因となります。私達は、タンパク質kendrinが中心体複製を1回に限定する制御に関わることを発見し、さらに詳しい解析を進めています。

2)一次繊毛の形成機構の研究

一次繊毛は体のほとんどの細胞にあり、外界の刺激を受け取るアンテナとして働きます。一次繊毛が正しく形成されないと「繊毛症」と呼ばれる重篤な疾患を引き起こします。一次繊毛は静止期(G0期)に中心体を元に形成され、増殖刺激が入ると消失します。私達は、ノックアウトすることにより一次繊毛ができなくなる遺伝子を発見し、一次繊毛形成のどこに必要であるか調べています。

3)ゴルジ体リボン構造の形成機構の研究

タンパク質の翻訳後修飾や細胞内小胞輸送において重要な役割を果たすゴルジ体は、間期には中心体近傍に1つのリボン状構造として存在し、細胞分裂時には断片化して娘細胞に分配され、その後再構築されます。ゴルジ体の構造変化は細胞周期進行のみならず細胞の移動にも必須であることが知られています。私達は、ノックアウトするとゴルジ体構造が異常になる遺伝子を発見し、その働きを解析しています。

発表論文

  • Takahashi, M. and Matsuo, K. “More isn’t always better: Limiting centrosome size in interphase” Cell Cycle, 1 , 1482, 2013
  • Sato, Y., Hayashi, K., Amano, Y., Takahashi, M., Yonemura, S., Hayashi, I., Hirose, H., Ohno, S. and Suzuki, A. “MTCL1 crosslinks and stabilizes non-centrosomal microtubules on the Golgi membrane”Nat. Commun. 5. 5266, 2014 (doi:10.1038/ncomms6266)
  • Nakazaki, Y., Tsuyama, T., Seki, M., Takahashi, M., Enomoto, T. and Tada, S. “Excess Cdt1 inhibits nascent strand elongation by repressing the progression of replication forks in Xenopus egg extracts”Biochem. Biophys. Res. Commun. 470, 405-410, 2016
  • Wang, J., Xu, H., Jiang, Y., Takahashi, M., Takeichi, M. and Meng, W. “CAMSAP3-dependent microtubule dynamics regulates Golgi assembly in epithelial cells”J. Genet. Genom. 44, 39-49, 2017
  • Nakazaki, Y., Tsuyama, T., Azuma, Y., Takahashi, M., and Tada, S. “Mutant analysis of Cdt1's function in suppressing nascent strand elongation during DNA replication in Xenopus egg extracts“Biochem. Biophys. Res. Commun. 490, 1375-1380, 2017

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ