薬学部の特徴

本学薬学部では、最新の薬学や伝統の医薬を学ぶための研究設備や教育内容がそろった中野キャンパスで、医療や社会と薬を結ぶ広い視野と素早く行動する決断力を備えた薬剤師を育てていきます。
また、6年制の薬学教育は全国共通の「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に沿って行われますが、本学ではさらに、特徴的な教育・研究プランも準備し、充実したキャンパスライフと将来の豊かな可能性を提供します。

在学生の声~なぜ薬学部に入学したの?~

基礎から学べるカリキュラム

編入学試験を実施していることを知り、化学・生物を基礎から学べるカリキュラムに魅力を感じて薬学部に入りました。全員が同じ国家試験合格を目標としているため、同級生同士で共有できることが多く、CBT対策の授業が豊富なところが心強いです。地域密着型の調剤薬局で患者さんとコミュニケーションをしっかりとれる薬剤師を目指します。

最新の設備・環境

中野キャンパスの新しい設備を使って実務実習の練習ができるところに魅力を感じました。薬学部は幅広い知識を学べるため、忙しいですがやりがいを感じています。薬理の授業が興味深く、薬の作用を発見するまでに至った経緯などが印象的でした。将来は病院薬剤師として患者さんの気持ちを理解した服薬指導を行うことが目標です。

幅広い学び "薬剤師+アルファ"

薬剤師としての知識にくわえ、物理や化学、生物など理科全般について学べる点に魅力を感じました。
授業や実習を通して幅広い知識を得たことで、様々な視点から物事を考えられるようになった気がします。卒業後は理工学系の大学院に進学して理学・工学の知識を深め、新しい切り口で患者さんや医師にアドバイスができる薬剤師になりたいと考えています。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ