薬学部の特長

本学薬学部では、最新の薬学や伝統の医薬を学ぶための研究設備や教育内容がそろった中野キャンパスで、医療や社会と薬を結ぶ広い視野と素早く行動する決断力を備えた薬剤師を育てていきます。
また、6年制の薬学教育は全国共通の「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に沿って行われますが、本学ではさらに、特徴的な教育・研究プランも準備し、充実したキャンパスライフと将来の豊かな可能性を提供します。

患者主体の医療を目指すカリキュラム

カリキュラムフロー図

カリキュラム紹介

  1. 化学系薬学概論

    高校で学んだ有機化学を復習し、専門的な学習につなげます。

    薬学部では、高校で学んだ理科系科目を発展させ、さらに深く学んでいきます。そのため1年次の薬学概論科目で、化学、物理、生物の3つの分野の基礎を復習し、1年次後期の専門科目に備えます。化学系薬学概論では、有機化合物の命名法や立体化学を学びます。

    科学系実習
  2. 化学系実習I

    くすりの基礎である化学の実習です。実習を通じて、知識を生きた知に変えていきます。

    「有機化学」、「物理化学」、「分析化学」の3分野について、有機化合物の合成実験、反応速度の解析実験、微量物質の検出と定量実験など、医薬品の合成と分析に関する基礎的な実験を行います。実習では観察力を養い、目の前で起きている現象を分析・解析する力の基盤を育てます。

    化学系実習
  3. 生物系実習II

    くすりはどのようにして効くのでしょう。医薬品の薬理作用や代謝酵素などを実験で調べます。

    薬を飲むと、どのように体内に吸収され、分布し、代謝され、どのように細胞や臓器に作用するのでしょうか。生物系実習Ⅱでは、薬剤師の業務に不可欠な知識・技能に関する実験を行い、科学的な考え方を養います。

    生物系実習
  4. 薬学臨床実習I(事前学習)

    4年次は実務実習に行く前の大切な1年間。調剤や患者さんへの指導法を学びます。

    薬剤師として社会に出る前に、5年次で病院と薬局で実務実習を行います。薬学臨床実習Ⅰは、実務実習を行う前のプレ実習です。医療従事者への第一歩として、実務実習の際に最低限必要な知識や技能、そして態度を身につけることを目標としています。

    生薬学臨床実習
  5. 薬学臨床実習II(実務実習)

    いよいよ医療現場での実習です。病院と薬局で、大学の講義では学べないものをつかみましょう。

    医療現場で活躍できる薬剤師になるために、5年次に実際の病院と薬局でそれぞれ11週間にわたって薬剤師の業務を学ぶ実務実習を行います。実習では医療現場の臨場感にふれ、薬剤師の指導の下で調剤や服薬指導を行い、医療従事者として必要とされる基本的な知識、技能、態度を学びます。

    薬学臨床実習
  6. 卒業研究

    6年次は卒業研究の集大成の時期です。研究をまとめ、発表と卒業論文の作成をします。

    4年次から取り組んできた卒業研究の成果を、卒業論文としてまとめ、卒業研究発表会で同級生・下級生や教員の前で発表します。長い時間をかけて自ら研究することは貴重な経験であり、薬剤師として社会に出てから遭遇する未知なる問題を解決するためにもその経験は大いに役立ちます。

    卒業研究

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ