ユニット紹介

薬学臨床教育研究センター
地域健康管理学ユニット

ユニットの目標

地域健康管理学ユニットは、地域住民の健康管理及び福祉について、研修、生涯教育等を通して地域貢献するために、平成25年4月に設置された新しいユニットです。一方、薬学生に対しては、医療人としての倫理観、責任感を養い、医療現場における薬剤師業務に必須な知識、技能及び態度を習得させ、21世紀の高度・多様化する医療に貢献できる薬剤師となるための実践的な教育、研究指導を行なっています。
特に薬剤師の本務である調剤に関しては、薬学・医学的根拠に基づき体系的に学び、患者の病態、体質、社会的環境などの患者背景が把握できる、処方が評価できる、正確に薬剤の調製ができる、適正使用のための情報提供ができる、患者に施行された薬物療法の有効性と安全性が評価できる、集積したデータを解析し臨床に還元できるなど、実践薬学の能力を育成しています。さらに、近年、多発している医療事故事例を薬学的観点から分析、考察し、医療事故防止の対策を考え、医療におけるセーフティマネージャーとして活躍できる薬剤師の育成を目指しています。

当ユニットの研究は、薬剤師業務の質向上や新たな業務展開などに関する問題をテーマとして抽出し、その要因などを探索・解析し、新知見を見出すことを目標としています。研究テーマは、薬学教育、実務実習事前学習、医療におけるセーフティマネジメント、薬剤師業務に関することまで、幅広い分野にわたっているのが特徴です。

研究テーマ

  • 病院における調剤過誤の現状およびその防止対策
  • 保険薬局における調剤過誤の現状およびその防止対策
  • 添付文書における腎機能障害の程度により投与量が記載されている医薬品に関わる医療事故事例の収集・分析
  • 医療薬学的検証に基づいたシロップ剤の調剤工程の標準化
  • 医療事故と医薬品の適正使用に関する研究
  • 高齢者の服薬管理に関する研究

お知らせ

2016/01
中村均教授が著書「処方箋の読み方」を編集・執筆しました。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ