ユニット紹介

薬学臨床教育研究センター
地域薬局学ユニット

ユニットの目標

高度化する医療の進歩に伴い、薬剤師の専門性を生かしたより良質の医療を提供するという社会的要請に応えるため、高度な薬物療法について知識・技能を備えた薬剤師を養成することが求められています。また、様々な情報を得られる環境にあり、その情報を収集・加工することは重要です。
本ユニットでは、医薬品の適正使用のための臨床的及び基礎的検討を臨床比較試験結果など各種論文の収集、統計手法を用い解析・統合し、医薬品に求められる品質・有効性・安全性を評価、検証を行っています。また、その過程を通じて臨床的な問題点を解明し、医薬品の適正かつ有効に使用することのできる薬剤師を養成することを目指しています。

研究テーマ

(1)代表的な医薬品の重大な副作用の調査と解析

薬剤師の重大な役割として、重篤な副作用を未然に防止するための情報活動があります。副作用は軽度のものから重大なものまで様々で、薬剤師が薬の専門家として副作用を検討し、患者や他の医療従事者に分かり易く提供することが求められています。本ユニットでは、抗菌薬や降圧薬など種類が多く、稀に重大な副作用を惹起する医薬品に着目し、添付文章やインタビューフォームを用いてデータシートを作成し、クラスター分析など統計学的な手法を駆使し、医薬品の副作用情報の効率的な分類を行っています。

(2)専門薬剤師についての調査研究

医療は高度で複雑化しており、医療チームの中で薬剤師はより専門性を求められるため、専門薬剤師の種類や役割、資格取得の条件などを調査研究します。

(3)後発医薬品についての調査研究

我が国の医療費は年々増加傾向にあり、医療費の削減対策として国は後発品医薬品の使用促進を推進しています。我が国と海外における後発医薬品の使用状況の比較、後発医薬品に対する医療関係者、患者の意識の比較、後発医薬品の普及率を推進する上での問題点などを調査・研究します。

研究テーマイメージ

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ