ユニット紹介

細胞機能教育研究部門
細胞生化学研究ユニット

ユニットの目標

細胞生化学研究ユニットでは、病態治療に資するタンパク質の機能解析を通して新たな治療基盤を構築することを目指します。特に、私たちが世界に先駆けて同定・命名したタンパク質分解酵素(アミノぺプチダーゼ)群やRNA結合タンパク質群に着目し、それらの物性解析や生理学/病理学的作用機構の解析を中心とした研究を展開していきます。

研究テーマ

(1)タンパク質分解酵素(アミノペプチダーゼ)に関する研究

  • アミノペプチダーゼの基質認識および触媒機構に関する研究(大西、辻本)
  • アミノペプチダーゼ遺伝子の発現制御機構に関する研究(青木、辻本)
  • アミノペプチダーゼ遺伝子による精神障害抑制機構に関する研究(後藤、辻本)

(2)RNA結合タンパク質研究に関する研究

  • 細胞増殖制御に関与するRNA結合タンパク質の研究(青木、辻本)

研究業績

  • Ohnishi, A., Watanabe, J., Ogawa, Y., Goto, Y., Hattori, A., Tsujimoto, M.
    “Involvement of phenylalanine 297 in the construction of the substrate pocket of human aminopeptidase B” Biochemistry 54, 6062-6070 (2015)
  • Goto, Y., Ogawa, K., Nakamura, T.J., Hattori, A., Tsujimoto, M.
    “Substrate-dependent nitric oxide synthesis by secreted endoplasmic reticulum Aminopeptidase 1 in macrophages” J.Biochem. 157, 639-649 (2015)
  • Ogawa, Y., Ohnishi, A., Goto, Y., Sakuma, Y., Watanabe, J., Hattori, A., Tsujimoto, M.
    “Role of glutamine-169 in the substrate recognition of human Aminopeptidase B” Biochim.Biophys.Acta. 1840, 1872-1881 (2014)
  • Goto, Y., Ogawa, K., Nakamura, T.J., Hattori, A., Tsujimoto, M
    “TLR-mediated secretion of endoplasmic reticulum Aminopeptidase 1 from macrophages” J.Immunol. 192, 4443-4452 (2014)
  • Hattori A., Tsujimoto, M.
    “Endoplasmic reticulum aminopeptidases: biochemistry, physiology and pathology”J.Biochem. 154, 219-228 (2013)
  • Hattori, A., Goto, Y., Tsujimoto, M.
    “Exon 10 coding sequence is important for endoplasmic reticulum retention of endoplasmic reticulum Aminopeptidase 1” Bio.Pharm.Bull. 35, 601-605 (2012)
  • Goto, Y., Ogawa, K., Hattori, A., Tsujimoto, M.
    “Secretion of endoplasmic reticulum Aminopeptidase 1 is involved in the activation of macrophages induced by lipopolysaccharide and interferon-gamma” J. Biol. Chem. 286, 21906-21914 (2011)

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ