ユニット紹介

医薬品機能教育研究部門
薬物動態学ユニット

ユニットの目標

薬がどのように体内に吸収(Absorption)され、様々な組織に分布(Distribution)し、そして代謝(Metabolism)、排泄(Excretion)されていくのか(総称してADME)、この過程で一体何が起こっているのかを理解するための学問が薬物動態学です。私たちは、医薬品の安全性向上や新薬開発につながる薬物動態学的研究を行っています。一方で、薬物動態や薬物毒性を制御する因子の生理的意義や役割に迫り、独創的なアプローチから難治性疾患の病態解明や治療法開発を目指しています。

研究テーマ

1)Idiosyncratic Drug Toxicity(IDT:特異体質性薬物毒性)の分子機序の解明

薬物毒性は、用量依存的に発現頻度が上昇する中毒性とそれ以外の毒性に大別され、後者を特異体質性薬物毒性(IDT)と呼びます。IDTは薬物の性質、遺伝的・環境的因子、疾患等が複雑に作用し合い発症する稀な薬物毒性であり、非臨床試験や治験で検出することは困難です。私たちは、ミトコンドリアに着目して、IDTの発症機序やリスクを予測・回避する方法論の開発について研究を行っています。また、ミトコンドリア機能障害は、がん、糖尿病、神経変性、心不全といった様々な疾患の発症及び進展に密接に関与することが知られています。これらの疾患の中で、私たちは特にウィルス性肝炎におけるミトコンドリア機能障害を解析し、この疾患の病態解明を目指しています。

2)肝細胞内ヘム代謝に着目した難治性疾患の発症因子及び薬物有害事象の発生機序についての研究

ヘムは生体にとって必須の分子であり、体内では主に骨髄と肝臓で作られます。C型肝炎やアルコール性肝炎などのある種の疾患ではヘム生合成経路に変動が起こることが知られています。ヘムの生合成は細胞のエネルギー産生の主たる場であるミトコンドリアで起こり、さらにヘムはエネルギー産生に関わるタンパク質や薬物を代謝するタンパク質が働くための必須因子であることから、細胞の機能に大きく影響することが考えられます。そこで私たちは、肝臓の細胞でのヘム代謝に着目し、難治性疾患の発症因子や医薬品の毒性発現との関連について研究を行っています。

研究テーマイメージ

発表論文

  • Hamada K, Kakigawa N, Sekine S, Shitara Y, Horie T.
    Disruption of ZO-1/claudin-4 interaction in relation to inflammatory responses in methotrexate-induced intestinal mucositis
    Cancer Chemother Pharmacol. 72(4):757-65 (2013)
  • Nakano T, Sekine S, Ito K, Horie T.
    Ezrin regulates the expression of Mrp2/Abcc2 and Mdr1/Abcb1 along the rat small intestinal tract.
    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 305(11):G807-17 (2013)
  • Sekine S, Ito K, Watanabe H, Nakano T, Moriya K, Shintani Y, Fujie H, Tsutsumi T, Miyoshi H, Fujinaga H, Shinzawa S, Koike K, Horie T.
    Mitochondrial iron accumulation exacerbates hepatic toxicity caused by hepatitis C virus core protein
    Toxicol Appl Pharmacol. 1;282(3):237-43 (2015)

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ