ユニット紹介

薬学教育研究センター
薬学基礎教育(生物系)ユニット

ユニット紹介

薬学専門教育に進む前段階として、薬剤の作用機序を理解するために、酵素、受容体あるいは輸送体などのタンパク質に関する知識が不可欠です。『タンパク質の構造・機能』の講義(薬学教育モデル・コア、平成25年度改訂版、C6生命現象の基礎(3))によって必要な生物学の知識の醸成を行っています。6年次には、国家試験対策の立案と実施を担当し円滑な国家試験対策の支援を行っています。

研究テーマ

1)薬剤師国家試験生物分野と、医療過誤とのかかわりについて

最近頻発する医療過誤の報告事例から、生物学の知識不足によることが主因となっているものに焦点をあて、問題点と解決策の提案を行います。

2)薬剤師国家試験生物分野と、大学教育とのかかわりについて

上記テーマの生物学以外の分野について、問題点と解決策の提案を行います。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ