ユニット紹介

薬学教育支援センター
学修支援ユニット

ユニットの目標

薬剤師は薬の専門家として、人体の構造や薬の素となる化学に対する基礎知識を持ち、疾病のメカニズムやそれに対する効果的な薬物治療を提案する能力などが求められます。

このような実践能力を身に着けるため、薬学部は6年間にわたり、広範囲に及ぶ専門教科を学びます。学生さん自身が興味を持ち、科目横断的に学習する力を身に着けられるよう、本ユニットでは学生さんとの対話を大切にサポートしていきます。

研究テーマ

学生さん自身が興味を持っている事柄について、ディスカッションを行い、その過程で得られた課題について、文献をもとに調査を進めていきます。

(これまでの一例)

  • 脳梗塞急性期におけるアルテプラーゼの適切使用について
  • サフィナミドメシル酸塩と既存薬との相違点
  • 6年制薬学部におけるアドミッション・ポリシーのテキストマイニングによる分析
  • JADERを用いたスティーブンス・ジョンソン症候群に関する検討

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ