ユニット紹介

社会薬学教育研究センター
リスク評価学ユニット

ユニットの目標

我々は、日常生活を豊かで便利にするために、多種多様な化学物質やプラスチックなどの合成樹脂を作り出し、利用しています。使用中もしくは不要となり廃棄された後、これらの生活環境で使用している製品を作るための工業用材料や含まれている化学物質が環境中に放出され、時には形を変えて、口から、皮膚から、呼吸から体内に取り込むことが考えられます。長寿社会において、健康で安心して生活をすることができる安全な生活環境を守るために、これらの化学物質を対象として、人間の健康に対する安全性を研究・調査しています。

研究テーマ

水道水、化粧品、医薬品、生活用品などに含まれている化学物質と混入する可能性のある化学物質について、水道水や製品を安心して安全に使用できるように、ヒト健康に対する影響を調査・研究しています。また、安全性を評価するための試験方法の開発・改良、試験実施体制の確立に関する研究をしています。消毒に使用される塩素と医薬品有効成分や農薬が反応してできてくる生成物のヒト健康への影響を研究し、安全な水道水が提供できるようにしています。ヒト用医薬品類は、使用後、河川などに放出されます。私たちが利用している河川や湖沼の水に存在している医薬品有効成分とその濃度を調査し、飲料水や食品を通してヒトの健康に及ぼす影響、野生生物に対する影響と、その評価手法の確立に関する研究を行っています。

2019年度6年生卒業研究課題

  • 多摩川におけるマクロライド系抗生物質の実態と環境影響評価
  • 抗菌剤の塩素処理生成物の神経系細胞に及ぼす影響
  • 降圧薬の塩素処理生成物の神経系細胞に及ぼす影響
  • 殺虫剤の塩素処理化合物による神経系細胞への分化に対する影響
  • 加熱食品に含まれているアクリルアミドに関する研究

発表論文

  • Shimizu, K., Uchiyama, A., Yamashita, M., Hirose, A., Nishimura, T. and Oku, N. “Biomembrane damage caused by exposure to multi-walled carbon nanotubes” J. Toxicol. Sci., 38, 7-12 (2013)
  • Suzuki, T., Kosugi, Y., Hosaka, M., Nakae, D. and Nishimura, T. “Occurrence and behavior of the chiral anti-inflammatory drug naproxen in an aquatic environment”Environ. Toxicol. Chem. 33, 2671–2678 (2014)
  • Simazaki, D., Kubota, R., Suzuki, T., Akiba, M., Nishimura, T. and Kunikane, S. “Occurrence of selected pharmaceuticals at drinking water purification plants in Japan and implications for human health” Water Res. 76, 187-200 (2015)
  • Watanabe, H., Tamura, I., Abe, R., Takanobu, H., Nakamura, A., Suzuki, T., Hirose, A., Nishimura, T. and Tatarazako, N.: Chronic toxicity of an environmentally relevant mixture of pharmaceuticals to three aquatic organisms (alga, daphnid, and fish), Environmental Toxicology and Chemistry, 35, 996–1006 (2016)
  • Isoda, K., Daibo, T., Yushina, K.,Yoshioka, Y., Tsutsumi, Y., Akimoto, Y., Kawakami, H., Taira, Y., Taira, I., Yanoshita, R., Nishimura, T. and Ishida, I. “Hepatotoxicity, nephrotoxicity, and drug/chemical interaction toxicity of platinum nanoparticles in mice” Pharmazie 71, doi, August 23 (2016)

お知らせ

2019/06
西村教授が、環境ホルモン学会第33回講演会で講演をしました。
演題名「水環境中における医薬品及びパーソナルケア製品(PPCPs)に関する最近の動向について」

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ