ユニット紹介

創薬基盤教育研究部門
薬品分析学ユニット

ユニットの目標

豊かな社会生活に欠かせない化学物質を安全かつ安心して利用するためには、正確に見積もられた有害性と暴露量のデータを基に科学的手法により健康リスク評価を行い、その結果に基づいて化学物質を適切に管理することが重要です。当ユニットでは、化学物質の有害性評価及び暴露評価に係る調査並びに健康リスク評価の実施を通して、化学物質の安全かつ安心な利用に貢献したいと考えています。

また、“人生100年時代構想”とは健康長寿社会の実現であり、ガンや生活習慣病、感染症などの早期発見はその後のQOLに大きく影響します。早期発見に寄与する簡便迅速な新規検査・診断法の開発を目標に研究を進めています。

研究テーマ

  • 消費者製品含有化学物質の分析調査、暴露評価及び健康リスク評価に関する研究
     日用品や化粧品などの消費者製品に含まれる化学物資の含有量や溶出量を分析調査しています。その結果に基づいて、当該化学物質のヒトへの暴露量を推定し、さらに、その化学物質の有害性を考慮して、当該化学物質を含有する消費者製品の健康リスクを評価します。
  • 化学物質の細胞毒性、感作性等の有害性評価に関する研究
     化学物質を安全に利用するための健康リスク評価に資するため、in vitro細胞毒性試験やin chemico感作性試験などを実施して、消費者製品に含まれる化学物質の有害性を評価しています。
  • 消費者製品含有化学物質の健康リスク評価に関する研究
     抗がん剤を取り扱う医療従事者に対する抗がん剤暴露削減を目的に、抗がん剤調製の手順・作業を工程ごとに細かく分析し、抗がん剤の飛散や暴露の発生する原因・メカニズムを究明して、抗がん剤調製手技の最適化を検討しています。
  • ゴマ油成分セサモールを用いた酸化ストレス測定法の開発に関する研究
     ゴマは健康食品として知られており、ゴマ油に含まれるセサモールが活性酸素を吸収して二量体化することを見出しました。そこで二量体化したセサモールを測定することにより、生体内の酸化ストレス状態を評価することを目的としています。
  • 抗原抗体反応を利用した簡易検査法の開発に関する研究
     抗体は複雑なマトリックスから標的成分を捕捉する能力に優れた分子です。イムノアッセイやイムノクロマトグラフィーを利用した健康関連マーカーや疾病関連マーカーの簡易迅速分析法の開発を検討しています。

発表論文

  • Ohno, K., Sato, K., Kumano, M., Watanabe, K., Fujimura, T. “Electrochemical detection of sesamol dimer and its application to measurement of radicals” Anal. Sci. 37, 633-35, 2021
  • Kawakami, T., Isama, K., Ikarashi, Y., Jinno, H. “Evaluation of the sensitization potential of volatile and semi-volatile organic compounds using the direct peptide reactivity assay” J. Toxicol. Sci. 45, 725-735, 2020
  • Kawakami, T., Isama, K., Jinno, H. “Skin transferability of phthalic acid ester plasticizers and other plasticizers using model polyvinyl chloride sheets” J. Environ. Sci. Health, A: Tox. Hazard. Subst. Environ. Eng. 55, 1163-1172, 2020
  • Kawakami, T., Isama, K., Ikarashi, Y. “Chromium and cobalt concentrations in textile products and the amounts eluted into artificial sweat” J. Environ. Chem. 30, 23-28, 2020
  • Ohno, K., Hasegawa, T., Tamura, T., Utsumi, H., Yamashita, K. “Proton affinitive derivatization for highly sensitive determination of testosterone and dihydrotestosterone in saliva samples by LC-ESI-MS/MS” Anal. Sci. 34, 1017-21, 2018
  • Kawakami, T., Isama, K., Ikarashi, Y. “Determination of benzotriazole UV absorbers in textile products made of polyurethane fibers by high-performance liquid chromatography with a photo diode array detector” J. Liq. Chromatogr. Relat. Technol. 41, 831-838, 2018

学会発表

  • 柳澤友希、黒須智博、山下敦志、夏目義明、清野敏一、伊佐間和郎、西村哲治:注射用抗がん剤の調製時と投与時における飛散量を低減するための適切な輸液ボトル内圧の検討;日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021、オンライン、2021年3月
  • 柳澤友希、黒須智博、山下敦志、夏目義明、清野敏一、伊佐間和郎、西村哲治:病院薬剤師における注射用抗がん剤調製業務への不安に影響する因子の解析;第30回日本医療薬学会年会、オンライン、2020年10月
  • Yanagisawa, Y., Kurosu, T., Natsume, Y., Yamashita, A., Seino, T., Isama, K., Nishimura, T. “Survey of the prevention practices and the awareness in handling for mixing of anticancer drug injections in Japan” FIP Virtual 2020, Online, September 2020
  • 大野賢一、熊野征行、佐藤勝彦、藤村務:電気化学測定によるセサモールの簡易分析法の開発;日本薬学会第140年会、京都、2020年3月
  • 柳澤友希、山田友基、伊佐間和郎、清野敏一、西村哲治、黒須智博、夏目義明、山下敦志:模擬抗がん剤を用いた注射用抗がん剤調製業務における飛散量の評価;日本薬学会第140回年会、京都、2020年3月
  • 稲場優希、大河原麗奈、伊佐間和郎:ジェルネイル中の残留モノマーの分析とそれらの細胞毒性・感作性評価、日本薬学会第140年会、京都、2020年3月
  • 大河原麗奈、稲場優希、伊佐間和郎:コンタクトレンズ多目的溶剤の眼刺激性と洗浄力評価、日本薬学会第140年会、京都、2020年3月

著書

    • 植松美幸、宮島敦子、野村祐介、蓜島由二、伊佐間和郎、岩崎清隆、梅津光生:血液適合性評価法の開発;医療用バイオマテリアルの研究開発、 シーエムシー出版、2017年
    • 大野賢一:免疫測定法 〜基礎から先端まで〜、講談社、2014年

特許

    • 蓜島由二、福井千恵、河上強志、迫田秀行、野村祐介、伊佐間和郎、新見伸吾、柚場俊康、向井智和、清麻里子:医療用バッグ;中華民国発明第I708807号(2020.11.1)
    • 蓜島由二、福井千恵、河上強志、迫田秀行、野村祐介、伊佐間和郎、新見伸吾、柚場俊康、向井智和、清麻里子:医療用バッグ;特許第6504839号(2019.4.5)
    • 蓜島由二、河上強志、福井千恵、田上昭人、伊佐間和郎、松岡厚子、柚場俊康:溶血抑制剤および血液バッグ;特許第6298597号(2018.3.2)

お知らせ

2020/04
大野賢一准教授が当ユニットに着任しました。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ