ユニット紹介

薬学教育研究センター
医療薬学系教育ユニット

ユニットの目標

  • 薬剤師を目指す学生にとって薬の使用目的を知っていることは、重要な課題です。薬の使用にあたって主作用と副作用(有害作用)を考慮できる学生を育てること、即ち、「くすり」の「リスク」を予め理解できる能力を持っている学生を育てたいと考えています。
  • 漢方薬は患者の「証」に合わせて処方されます。しかし「証」の弁別には独特の深い経験と知識が必要で、西洋医学的な指標で表されるものではありません。「証」の弁別を西洋医学的な指標で表すことができたなら、漢方薬の有効性はさらに高まると考え、これを目指しています。

研究テーマ

  • 病気と薬物治療(生活習慣病と薬物治療、周産期医療、OTC薬の不適切使用など)
  • 漢方有効性の検証方法の確立
  • ドラッグリポジショニングによる既存化合物およびその誘導体の抗糖尿病作用評価

発表論文

  • 今井奈妙、稲津教久 : 総説 看護における生活環境汚染とその重要性 ; 三重看護学誌 22, 1-8, 2020
  • Ogawa, R., Akita, S., Akaishi, S., Aramaki-Hattori, N., Dohi, T., Hayashi, T., Kishi, K., Kono, T., Matsmura, H., Muneuchi, G., Murano, N., Nagao, M., Okabe, K., Shimizu, F., Tosa, M., Tosa, Y., Yamawaki, S., Ansai, S., Inazu, N., Kamo, T., Kazuki, R. and Kuribayashi, S. “Diagosis and Treatment of Keloids and Hypertrophic Scars – Japan Scar Workshop Consensus Document 2018” Burns & Trauma 7: 39, 2019 (doi: 10.1186/s41038-019-0175-y)
  • Nogami-Hara, A., Kubota, K., Takasaki K., Watanabe T., Iba H., Fujikawa R., Katsurabayashi S., Iwasaki K., Egashira N., Bolukbasi, H.F. and Hatip-Al-Khatib, I. “Extract of Yokukansan improves anxiety-like behavior and increases serum brain-derived neurotrophic factor in rats with cerebral ischemia combined with amyloid-42 peptide” J. Tradit. Chin. Med. 39, 50-58, 2019
  • Nogami-Hara, A., Nagao, M., Takasaki K., Egashira N., Fujikawa R., Kubota, K., Watanabe T., Katsurabayashi S., Bolukbasi, H.F., Hatip-Al-Khatib, I. and Iwasaki K. “The Japanese Angelica acutiloba root and yokukansan increase hippocampal acetylcholine level, prevent apoptosis and improve memory in a rat model of repeated cerebral ischemia” J. Ethnopharmacol. 214, 190-196, 2018
  • Mishima, T., Deshimaru, M., Watanabe, T., Kubota, K., Kinoshita-Kawada, M., Yuasa-Kawada, J., Takasaki, K., Uehara, Y., Jinno, S., Iwasaki, K. and Tsuboi, Y. “Behavioral defects in a DCTN1G71A transgenic mouse model of Perry syndrome” Neurosci. Lett. 666, 98-103, 2018

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ