ユニット紹介

薬学教育研究センター
医療薬学系教育ユニット

ユニットの目標

一般研究

薬剤師を目指す学生にとって薬の使用目的を知っていることは、重要な課題です。薬の使用にあたって主作用と副作用(有害作用)を考慮できる学生を育てること、即ち、「くすり」の「リスク」を予め理解できる能力を持っている学生を育てたいと考えています。

個別研究

(1)漢方・生薬の基礎から薬膳へ

研究テーマ

一般研究

病気と薬物治療(糖尿病と薬物治療、高血圧症と薬物治療、脂質代謝異常症と薬物治療、周産期医療など)

個別研究

(1)石井竹夫

  • 園芸療法プログラムへの薬膳の導入に関する研究
  • 生活習慣病に対する西洋薬と漢方薬の比較研究
  • 文学作品に登場する植物の研究

お知らせ

2018/08
本学にて昨年に引き続き5回目の「夏休み親子薬草教室」を開催しました。
2018/02
石井准教授が一般の方を対象に明治大学との連携講座(続・植物から『銀河鉄道の夜』の謎を読み解く)を開催しました。
2017/08
本学にて昨年に引き続き4回目の「夏休み親子薬草教室」を開催しました。
2017/07
稲津教授が化粧療法士認定制度講義(顔と心と体研究会)で「薬学・香粧品学」を講演しました。
2017/06
石井准教授が一般の方を対象に明治大学との連携講座(生活習慣病を予防する漢方療法・園芸療法・アロマセラピー)を開催しました。
2017/03
石井准教授が日本園芸療法研修会で「生活習慣病に対する薬膳を取り入れた園芸療法プログラムの実践」という演題で講演しました。
2017/02
石井准教授が一般の方を対象に明治大学との連携講座(植物から『銀河鉄道の夜』の謎を読み解く)を開催しました。
2016/11
石井准教授が区民講座「生活習慣病、上手に使おうサプリメントと健康食品」の演題で講演しました。
2016/10
稲津教授がCRCJ主催の研修会において講演(医薬品相互作用)を行いました。
2016/08
瘢痕・ケロイド治療研究会において教育講演(副腎皮質ステロイド製剤の薬理)を行いました。
2016/08
本学にて昨年に引き続き3回目の「夏休み親子薬草教室」を開催しました。

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ