ユニット紹介

創薬基盤教育研究部門
天然医薬資源学ユニット

ユニットの目標

古来より人類は自然より多くのことを学びその恵の一部を薬として利用してきました。現在でも植物は生薬・漢方薬として利用されており、これまでに知られていない多くの効能が明らかになっています。本ユニットは、古典を紐解き、新たな手法で既存の漢方薬を評価し、付加価値を見出すことにより現代医療に貢献することを目標としています。

研究テーマ

1)抗老化を目指した漢方薬の評価

老化モデルの線虫(Caenorhabditis elegans)を用いて、漢方薬の寿命延長効果を調べています。線虫の寿命は約20日間で、ゲノムはヒトと共通している部分が多いのも特徴です。このように線虫は最も下等な多細胞生物ですが、消化管、筋肉、神経系といった動物としての最低限の構造を持つ最適な老化モデルなのです(高松)。

研究テーマイメージ

2)天然由来の抗酸化物質の探索

植物や微生物由来の抗酸化活性物質をin vitroおよびin vivoの評価系で探索し、新規医薬品シーズの探索を行っています(高松)。

3)近世漢方資料の解析による伝統医学に関する研究

近世のなかでも江戸時代は我が国の文化が飛躍的な発展を遂げています。医薬学でも同じことが言えて、今日の漢方医学は江戸時代の医学に強い影響を受けています。これらの時期の薬物理論の展開を明らかにし、当時の処方集や治療記録から実際の使用例を見出し、漢方処方の本質的な運用法を検討します(鈴木)。

研究テーマイメージ
『刪補古今方彙』
江戸時代に最も利用された処方集のうちの1つ。

研究業績

  • 高松 智、小池 佑果、川添 和義 「抗老化を目指した漢方薬の評価」 アグリバイオ 第5巻 8月号、p.98~104(2021)
  • Hiroaki Nishijima, Satoshi Takamatsu, Kazue Satoh, Remi Murase, Iori Taki, Daisuke Kamei, Kazuyoshi Kawazoe, Yukio Nemoto, and Shinichi Iwai, “Effect of intraoral antioxidative capacity in orengedokuto” Traditional and Kampo Medicine 7 (1), 30-37 (2020)
  • 鈴木達彦 「腹診のエビデンス‐保険収載漢方処方‐〔江戸版〕」 医聖社 (2019)
  • 平地治美、坂井由美、鈴木達彦、平崎能郎、並木隆雄 「処方分類における類方分類の発展とその背景-日本での類方分類と『傷寒雑病論』処方の関係について-」 日本東洋医学雑誌 第69巻 第4号、407-416 (2018)

学会発表

  • 鈴木達彦、中村未來、平崎能郎、並木隆雄 : 曲直瀬流能毒書『能毒図鈔』の成立と本草図について ; 第69回日本東洋医学会学術総会、大阪、2018年6月

こちらもチェック

  • 入試情報
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職

ページトップへ